フリーマガジン 発行:(株)東京MDE 月刊




 

 

 
 

 モーツァルトの協奏曲の全曲録音や、スーパーワールドオーケストラで競演した指揮者であり、ピアニストでもあるフィリップ・アントルモンと、コンサートマスターのルードヴィッヒ・ミュラーとのやりとりは、録音されたウィーンに同行取材して書かれたもので、3人の息の合った様子がよく表れています。モーツァルト弾き、中澤きみ子が余すところなく紹介されています。







こちらで全文をお読みいただきます


 
〈C〉2006 KIMIKO NAKAZAWA WORLD INCORPORATED,ALL rights reserved.